5日、台湾与党民進党(民主進歩党)の「蔡英文」総統が、総統府で海外メディアと記者会見し、中国「習近平」国家主席が2日の演説で述べた一国二制度による台湾統一方針について改めて拒否する考えを強調し、台湾人が拒否する理由として、中国の民主的な政治体制の欠如、劣悪な人権状況、台湾への武力行使の可能性を放棄していない事を挙げ、こうした中国の状況が改善されれば、中台間の相互信頼が深まり政治的な対話も可能になるとの認識を示した事に関する「須田慎一郎」氏、「武田邦彦」氏、「居島一平」氏の談義。

ソース:真相深入り!虎ノ門ニュース(2019年1月11日)     
    居島一平(漫才お笑いコンビ)
    武田邦彦(中部大学総合工学研究所特任教授)
    須田慎一郎(ジャーナリスト)

※是非チャンネル登録をして他の動画もご視聴ください!
http://www.youtube.com/channel/UCHuYH20ZbWDNnIZwMi6L2nA

タグ一覧

関連記事