2020年の台湾次期総統選の前哨戦となる統一地方選は23日、蔡英文(さい・えいぶん)政権の不人気から与党、民主進歩党(民進党)が苦戦したまま選挙戦最終日を迎えた。民進党の牙城である激戦地の南部高雄市で、与野党が24日の投開票を前に最後の訴えをした。

タグ一覧

関連記事