10月6日、水戸市の県民文化センターで公明党時局講演会を開始しました。
生憎の悪天候にもかかわらず、1300人を越える皆さまにご来場いただきました。
大井川和彦知事、地元高橋靖水戸市長、平木大作参議院議員を弁士に迎え、活気あふれる充実した講演会となりました。
たかさき進県議は、「大人の救急電話相談」事業の創設などを通して、一人の声を大事にする県政の重要性を力説しました。

タグ一覧

関連記事