平成17年関西生コン(全日本建設運輸労働組合関西生コン支部・連帯ユニオン)の新春旗開きの席に来賓として参加した。民進党(当時)辻元清美氏・社民党副党首(当時)福島瑞穂氏は関西生コン労組支部が掲げる闘争方針(選挙闘争)の重要性を宣っていたそうです。同旗開きの席には,のりこえネットの在日近隣諸国民の幹部も参加していたとのことです。関西生コンは1985年頃から部落解放同盟・在日近隣諸国民団体の役員と共に北系独裁国家の主席に対して,主体思想の学習を深める旨を成約したとのことです。
今や,安倍総理は北系近隣諸国の工作員から狙われる立場に間違いありません。十分に注意して頂きたいと思います。

タグ一覧

関連記事